Picture 20



 狙撃手と観測兵の組合せで、K98k-Zf41が狙撃銃として使用された典型的な例。おそらくロシアの平原での撮影と思われるが、このような場所での使用には1.5倍のスコープではあまりにも力不足であったろう。
 ZF41は、やはり1型。K98kは、アッパーバンドに切欠きがなく、カップ型のバットプレート付き。これらから、1943年の撮影と推測される。

  The picture shows a sniper with an observer, a nice example of K98k-Zf41 utilized as a sniper rifle. Probably taken at the Russian Steppe, sniping in these field was definitely too hard work for a 1.5 powered scope.
  The ZF41 is Type1, and the K98k has the upper band left closed and the cupped buttplate. From these points, it is assumed the picture was taken during 1943.







BACK
CONTENTS
HOME
German Telescopic Rifle Sights of WWII