Z.F.41の各型式と相違点
Types and Differences of Z.F.41

Page 2

4 比較  Comparison

cxnZF41

 cxn(Emil Busch)製のZF41シリーズの変遷を見る。
 スコープ1は、1940年から1941年前半にかけての製造と思われ、形式名はなく「Z.F.」とのみ刻印されている(マーキングパターンについては、
データベース 参照のこと)。スコープ2は、ZF41制式採用後の1941年の製造。スコープ3はグリス記号が「○」かつZF41 2型であるので、1942年後半の製造。スコープ4は、「ZF40*」の刻印が残っているもので、機構的にはZF41 2型、グリス記号は「+」であるので、1943年になっての製造と思われる。なお、写真からも分かるとおり、ZF40*のエレベーションリングの距離目盛部は、 通常のZF41に比べて細いことが判明している(これについては別途まとめる予定)。最後のスコープ5は、最終的にcxnで生産されたZF41/1である。接眼部の長さの違いに留意。

  The development of ZF41 series made by cxn (Emil Busch).
  Scope#1 is a very early model thought to be made in 1940 or 1941. It has no designation and is only marked "Z.F.". (For the marking patterns see the
DATABASE.) Scope#2 is made in 1941, after the adoption of ZF41. Scope#3 is ZF41 Type2 with lubricant marking "○", which is thought to be made in the late part of 1942. Scope#4 is marked "ZF40*" still intact. Its lens system is ZF41 Type2, and with "+" marking, it is presumably made in 1943. It is noted that the diameter of graduated ring of elevation is smaller than that of the normal ZF41. (Will be discussed in other section.) The last scope#5 is ZF41/1 which was finally made by cxn. Note the difference in the length of the ocular tube.


ZF41 Scope Body

 鏡筒本体の比較。これ以上は分解ができない、スチール製の一体品である(対物側鏡筒内部に、固着した偏心スリーブが残っているものもあるが)。
 スコープ1(ZF41 1型)とスコープ2(ZF41 2型)との違いは、対物部の大きさのみで、メインチューブは同一寸法。スコープ3(ZF40改修ZF41/1)とスコープ4(ZF41/1)との違いは刻印だけで、本体は全くの同一寸法である。スコープ2(ZF41 2型)とスコープ4(ZF41/1)とでは、対物レンズ部は全くの同一寸法で、両者の相違点は接眼側の端部の長さのみ。
 以上のことからも、ZF41 1型の改良として2型が設計され、更にその2型をベースとしてZF41/1が設計されたという流れが類推できる。やはり、ZF41/1まで至る一連の設計は、すべてcxnで行われたとみるのが妥当と思われる。

  Comparison of ZF41 scope body. It is an one piece steel that cannot be separated further. (Although two of them still have eccentric sleeve stuck inside objective cell.)
  The only difference between Scope#1 (ZF41 Type1) and Scope#2 (ZF41 Type2) is the size of the objective cell while other parts are quite identical. There is no difference between Scope#3 (ZF40-41/1) and Scope#4 (ZF41/1) except the markings. The size of the objective end is quite identical between Scope#2 (ZF41 Type2) and Scope#4 (ZF41/1) and the only difference is the length of the ocular end.
  From these points, it is presumed ZF41 Type2 was designed to improve Type1, and then ZF41/1 was designed from Type2 as a development. It is reasonable to think this work was all done at cxn company.


BACK (Page1)
CONTENTS
HOME
German Telescopic Rifle Sights of WWII